ブログ

白楊だより

令和2年度体育祭-ー想い出のアルバムー

 10月30日金曜日、素晴らしい秋空の下、令和2年度体育祭が開催されました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で、様々な制約がありました。

  時間を短縮するため午前のみの開催とし、密にならないよう競技ルールを変更するなど、工夫を凝らしながら無事開催することが出来ました。

 

開会式

 

 開会宣言

 

 今年度の入退場門

 

 赤、黄、青、緑の団旗が集まりました

 

 体育委員長による選手宣誓

 

まずは 準備体操です  

 

 しっかり準備運動しましょう

 

 100m走のコース

 

 競技の前に保健委員による消毒が毎回行われました

 

 玉入れは立つ位置を固定し、一人12玉ずつ投げます

 

 必死で投げます!

 

 放送席も頑張ります

 

 100m走スタート‼

 

 全力疾走

 

男子の番です 

 

 全力で駆け抜けました

 

台風の目です 3人で1本の棒を持って走ります カーブが難しい・・・ 

 

障害物競走 座って風船を割ります

ハロウィン前日ということもあって、ハロウィン柄の風船

 

 粉の中から飴を捜索中

 

パン食い競争に使う道具を選びます 

 

 道具を使ってパンを取ります

 

 粉を被って飴発見!

 

真っ白になってゴール‼ 

 

なかなか難しい ・・・

 

教員も全力で臨みます‼ 

 

本庄ケーブルテレビのインタビューでしょうか

 

 長縄跳びは一人ずつ跳んでいきます みなさん上手ですね

 

 久しぶりのイベント 楽しんでます!

 

高校生活 最後の体育祭 満喫してます!

 

 部活動リレーの準備中

 

 野球部入場

 

陸上部 です

 

 卓球部入場

 

 ソフトテニス部入場

 

 サッカー部です

 

 バスケット部入場

 

 ワンダーフォーゲル部 荷物が重そうっっ❕

 

 機械研究部 自作の車を運転して登場

 

荷物があっても全力で走ります! 

 

 ゴール手前でエンジントラブル! みんなで押して一緒にゴール!

 

 綱引きです  一人ずつ新品の軍手が配られました

 

 応援も頑張ってますね

 

渾身の力で引く! 

 

合図の大きな音!! 

 

円陣を組み団結! 

 

力尽き・・・・・お疲れ様 

 

最後の団対抗リレー準備 

 

団旗をもって応援 

 

固唾をのんで見守ります 

 

スタート‼ 

 

全力で走る!! 

 

次の人へバトンと思いを託す

 

1位でゴール!!! 

 

得点表が気になります 

 

勝敗はどうなるのか 

 

いよいよ閉会式になりました 

 

今年度は赤団が優勝しました おめでとうございます 

 

最後に各クラスごとに記念撮影です 

 

お疲れ様でした 

 

団旗たちもお疲れ様 

 

ポプラの葉が黄色くなっていました 

 

 

役目を無事終えた入退場門 寂しそうです

熱い戦いが終わりました

 

 本当に久しぶりに校庭に生徒たちの大きな声が響き渡りました。

 準備や片付けなど役員や係の皆さんお疲れ様でした。

 全校生徒の皆さんお疲れさまでした。

開校記念日特集 ―競進社を訪ねて―

 来る10月31日、児玉白楊高校は121回目の開校記念日を迎えます。

 そこで今回は、産業構造物の遺構であり、本校の前身である競進社模範蚕室を訪ね、本校の校祖である木村九蔵氏と氏によって建設された競進社模範蚕室についてご紹介していきたいと思います。

 

校祖木村九蔵氏 

木村九蔵氏胸像

 平成26年「富岡製糸場と絹遺産群」が世界文化遺産に登録され、その構成資産として「高山社跡」も登録されました。高山社の創設者である、高山長五郎の末弟である木村九蔵先生は、兄とともに養蚕技術の改良に尽力しました。

 明治3年、兄高山長五郎は養蚕の温度管理と換気を工夫した「清温育」を唱え、「養蚕改良高山組」を結成しました。当時の養蚕は、天候によって当たり外れが激しかったのです。

 一方の木村九蔵先生は明治5年、炭火の火力で蚕室の湿気を排除し、病蚕を防ぐ「一派温暖育法」を発表しました。明治10年に「養蚕改良競進組」を結成し、明治17年には「養蚕改良競進社」と改め、事務所と伝習所を児玉町に置きました。    また、明治27年に伝習所地内に、一派温暖育飼育法に適した蚕室を設計・建築し、この蚕室はのちに模範蚕室と呼ばれることになりました。

 養蚕教育の重要性を認識し、実技教育にとどまらず学科教育を取り入れた本格的な蚕業学校の設立を目指して、伝習所を蚕業講究所と改めました。

 

       模範蚕室への入り口 

 

          

模範蚕室は道路の向かい側に移設され、現在跡地は公園となっています。

 

     

競進社模範蚕室

 

     

 敷地内は綺麗に整備され、大型バスが入れる大きな駐車場もあります

    木村九蔵先生の胸像と松

 

 競進社当時の看板

  

                             

       はにぽん と くわまる  二重障子の廊下 採光に配慮

 

                              蚕棚 

 

                             

      すみにお蚕様がいます   床下に 吸気口と煉瓦積みの炉

                              

戸・障子の開口部を広く取り換気に配慮

 

                            

     色々な説明が書いてあります  繭がたくさんあります

 

 

 養蚕で使用した道具たち

                            

                                誰かいるっっ!!

                            

 

 

                            

          二階部分      下から見上げた高窓

天井に空気が通り抜けるように小間返しとし、高窓はロープで開閉出来るようにした

 

                                        採光のための 大きな欄間         外から見た四つの高窓                      ハメ殺し障子と書いてあります❕

         

   とびらを開けた床下の吸気口

 この蚕室の構造は、喚起に綿密な配慮がなされ、木村九蔵先生の考案した温暖飼育法の効果が十分に発揮できるように設計されています。

 

             瓦に競の文字が・・・・・

 

         鬼瓦にも競の文字が・・・・・ 

 

 

                               

 模範蚕室の目の前に陣見山がよく見えます!木村九蔵先生や明治時代の学生たちもきっと眺めたことでしょう・・・・・

 

 

 この競進社の蚕室と飼育法は、全国各地から集まり学んだ卒業生により各地に伝えられ、我が国の養蚕業の発展に大きく貢献しました。

 競進社蚕業学校は、その後幾多の変遷を経て、現在の県立児玉白楊高等学校に至っています。

 

 昭和45年競進社 模範蚕室は、埼玉県指定文化財となりました。

 ・住所:本庄市児玉町児玉2514
・電話:0495-71-1121
・​入館料:無料
・開館時間: 9:00~16:30
・休館日:月曜日

 澄み渡った秋空の下、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか

 

 また、 児玉白楊高等学校敷地内に競進社記念館があります。こちらは、平成26年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、「高山社跡」が世界文化遺産に登録されたことを記念して、記念館に残る養蚕関係の展示をリニューアルいたしました。

 

                     

 

                     

 

                     

 

                      

 

                      

 

                      

 

                      

 競進社 記念館は本校食堂横にあります。今年度は文化祭が中止となりましたが、来年の文化祭の折にはぜひ、お立ち寄りください。

 

余談ですが

模範蚕室へ行く途中に見えた面白い形の建物・・・・・旧配水塔でした❕

 

 

 

 

 

 

就職試験直前ガイダンスが行われました

 本日、10月13日火曜日テスト終了後に、視聴覚室において就職試験直前ガイダンスが行われました。

 

 【進路指導主事による訓話】

 

        

【真剣な眼差しで話を聞く生徒たち】

 今年度は新型コロナの影響により、就職試験が例年より一か月遅れの今週16日金曜日から始まります。

 生徒の皆さん、これまでの成果を十分発揮できるよう、入念な準備をして試験に臨んでください。健闘を祈ります!!

 

 

2学期中間テスト始まる

 本日10月13日火曜日から4日間の日程で2学期t中間テストが始まりました。

 久しぶりの秋晴れに気温も高くなり、汗ばむ陽気となりましたが、生徒たちは真剣にテストに取り組んでいました。