ブログ

2019年1月の記事一覧

漢字検定を行いました。

■漢字検定を行いました

 本校を会場に漢字検定(準会場:1・2年生全員受検)を行いました。本校の重点目標にあげているように、生徒の「基礎学力」の定着と向上に取り組んでいます。基礎学力を身に付けるには、地道な訓練が必要です。毎朝10分間の朝学習、年2回の漢字大会、そして本日の漢字検定です。高校を卒業して専門領域に進むにしても、その専門性を積み上げる土台となるのが基礎学力です。大学や専門学校に進学することや、就職して仕事をするにも、絶対に必要な力であると考えています。
 結果は、検定日からおよそ40日後と聞いています。良い結果が届くことを願っています。

NEW 平成30年度県民総合体育大会兼高等学校バレーボール新人大会地区予選会

平成30年度県民総合体育大会兼高等学校男女バレーボール新人大会地区予選会の結果
期日:平成31年1月19日(土)
会場:松山女子高校
【試合結果】
北本・児玉白楊(0-2)熊谷西

 今回の大会は、北本高校と合同で出場をしました。

 集中をして挑んだ熊谷西高校戦。序盤は自分たちのいい形で試合に入ることができた。しかし、途中緊張からか3本目を返すことができず、7-25で第1セットを落としてしまった。第2セット目は、流れを変えられず3本目やサーブミスで6-25で落とし、ストレートで負けてしまった。

 しかし、チームとして粘りずよくボールを拾い、つなぐプレーがたくさん出た試合だった。本校の生徒もスパイクがいい形で打つことができカッコよく見えた。初めて公式戦に出場した生徒もいた。かなり緊張したと思おうが、サーブを打ちいい経験ができたと感じている。

 今回の大会で合同チーム、今年度の公式戦は最後だった。
すごく寂しいが、お互い多くの新入生が入ってほしいとおもっています。
北本高校の顧問の先生方、生徒のみなさん、合同練習や試合等でお世話になりました。感謝しています。またぜひ練習等をしたいと思っています。
本当にありがとうございました。

電子機械科「課題研究」発表会

課題研究発表会(電子機械科)
 1月21日(月)5時間目に3年生の1年間の成果である平成30年度電子機械科「課題研究」発表会を1年生2年生に向けに実施しました。今年度は、以下の3つのテーマの発表が行われました。
 1 地域交流班
 2 資格取得班
 3 製作班
 地域交流班では、自作した電子オルガンやはにぽんキーホルダー、ぶるぶる君、ミニクリスマスツリーなど考え、体験入学・イベントなどを通じて中学生や地域の方々に児玉白楊高校および電子機械科をPRをして、地域の方々との交流し、コミュニケーション力が向上したり楽しめたという声が多く聞こえました。
 資格取得班では、将来の職業に活かすため、技能検定3級電子機器組立てとP検準2級の取得を目的に勉強し、合格をすることができ選んでよかったいう声が聞こえた。今回、はじめて技能検定で「優秀賞」をいただき埼玉県で表彰された。
 製作班では「クレーンゲーム」を製作、設計・プログラミング・組み立て、クレーンのアームを3年間の授業で学んだ知識をフル活用し、操作部分にはスマートホン使用するなど画期的な作品が完成し生徒たちに好評であった。
 最後に、浅賀電子機械科長の講評では、3年生への労いの言葉や電子機械科の生徒諸君に「ものつくりは使い手のこと(相手のこと)を考えて作ること」と話しがありました。2年生・1年生は、今日の発表会を参考に来年以降の「課題研究」に取り組んでいただきたい。
       

生徒会役員改選

1月10日(木)の6限目に生徒会長および副会長の立会演説会が行われました。
生徒会長立候補者2名、副会長立候補者3名および推薦者の演説を全校生徒は熱心に聞いていました。
各候補者は本校をより良い学校にするために自分の考えを示し、それを実現するために活動していくという熱い思いを伝えていました。

  

 

よりよい学校づくりのために、新たな生徒会は動き出します。

3学期始業式

■始業式

雪こそありませんが、朝から冷え込みが厳しい(外気温ー2度)3学期の始まりとなりました。
始業式では、校長先生から以下の挨拶がありました。

===
生徒の皆さん、新年明けましておめでとうございます。
新年のお慶びを申し上げるとともに、皆さんのご健康とご多幸を御祈念申し上げます。
平成最後の年末年始、どのように過ごしたでしょうか。関東地方は天気が崩れること無く穏やかな日になりました。
年末には、大掃除、お供えなど、年越しの準備、日本レコード大賞、紅白歌合戦など、年末のテレビ番組をご覧になった人も多いと思います。日頃は生徒の皆さんには学校があり親子のコミュニケーションをとる間が少なかったりします。僅か二週間の冬季休業でしたが、親子のコミュニケーションが取れたならば幸いです。
今年、2019年、社会では、重要な節目があります。4月、4年に一度の統一地方選挙(市長・町長、県市町議会)、そして夏には参議院選挙、知事選挙があります。3年生が1年生の夏、改正公職選挙法の施行がありました。選挙年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げられました。いわゆる選挙制度改正です。3年生、さらに2年生に関係しています。そして、4月から5月、天皇陛下の退位と新天皇の即位があります。さらに10月には、消費税率引き上げが予定されています。社会という大きなくくりの中でのことですが、生徒一人一人に関係があることです。大人へと成長していく中でこれから待ち受ける出来事にどう向かっていくか考えることが必要です。
【1】スタートラインを上手に利用して欲しい
2019年、平成30年度の3学期の始まりです。生徒の皆さんは平成最後の初詣に行きましたか。皆さんの平成最後の願い事は何でしょうか。「一年の計は元旦にあり」と言う「ことわざ」があります。新しく迎える一年の目標や計画は、その年の初めの元旦に立てること意味しています。この「ことわざ」の由来のひとつを紹介します。「一年の計は春にあり」※元旦、「一月の計は朔(ついたち:月の初めの日)にあり」、「一日の計は鶏鳴(けいめい:一番鶏が鳴く早朝)にあり」、「新しい年の計画は、その年の初め。月の計画は月の初め。今日の計画は、朝早く。」そして計画を実行していくそうです。
生徒の皆さん、新年、新たな時代というスタートラインを上手に利用する時です。過去を振り返り反省し、自分を成長させようとする目標・計画・強い意志を持つことが大切です。皆さんにとって、充実した3学期になるよう期待しています。
【2】児玉白楊高校 普通教室エアコン設置・経費負担について
 臨時PTA総会(昨年12月8日(土)開催)を持ちまして、児玉白楊高校 普通教室エアコン設置・経費負担についてご理解を賜りここに厚く御礼を申し上げます。県立高校139校の中でエアコンの未設置は7校です。本校はこの7校中の1校です。県教育委員会は、昨年7月の猛暑の状況を鑑みて、この7校のエアコン設置の9月補正予算を県議会に上程し、県議会が議決しました。全校生徒には、2学期終業式の際にエアコン設置について、以下のような話しをしました。〇多くの方々の心遣いが実を結んでエアコン設置に至ったこと。〇保護者・地域の方々に感謝すること。そして、心遣いに恥じない学校生活を送ること。生徒の皆さんには、普通教室の環境が「暑い」から「涼しい」に変わるという事象以上に、「心遣い」「感謝」を学ぶ機会と捉えて欲しいと思います。エアコンの設置工事は7月までの予定です。今後、工事に際してご不便をお掛けすることと思いますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
以上をもちまして、新年のごあいさつにさせていただきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
===

あっというまに過ぎてしまう日々、大切なことを忘れてしまわないように、一日一日を丁寧に過ごしていきましょう。